毛穴の黒ずみの種類|皮脂をケア

MENU

毛穴の黒ずみには種類があります

毎日綺麗に顔を洗っているのに、なかなか毛穴の黒ずみが綺麗にならないと困っている人はいませんか。実は、毛穴の黒ずみにはいくつかの種類があるんです。

 

そのため、タイプにあったケア方法を行わなければ、いくら顔を洗ってもなかなか改善しないので注意が必要です。そのため、黒ずみをケアする前に、自分の種類を把握することが大切になってきます。

 

毛穴の黒ずみで1番多いと言われているのが、汚れが詰まっているタイプです。この種類は、気になる箇所がポツポツと出っ張っていることが特徴になります。

 

毛穴の黒ずみをメイクで誤魔化そうと思っても、ポツポツが邪魔して均等にファンデーションが乗らないので、逆に目立ってしまうので注意しましょう。

 

汚れ詰まりの種類の人は、肌を保湿するのがおすすめです。保湿ケアを心がければ、肌が柔らかくなるので詰まった汚れが取れやすくなるからです。毛穴をチェックして、肌そのものが黒い場合は、美白ケアが効果的になってきます。

 

アルブチンやビタミンC誘導体などの美白成分を補うと同時に、紫外線対策を行うようにしてみましょう。肌の新陳代謝をアップさせるために、プラセンタを補うことも効果的です。

 

さらにスキンケアのほかに、サプリメントや食生活によって代謝を上げるよう意識しましょう。

 

 

 

皮脂をケアして毛穴の黒ずみを予防?

顔の中心パーツである鼻は、とても人目に付きやすい場所です。そこで起きやすい肌トラブルに、毛穴の黒ずみがあげられます。

 

まるでイチゴのようにプツプツと目立ってしまううえに、ファンデーションで誤魔化そうとしても、余計に汚く目立ってしまうのが悩みものです。

 

毛穴の黒ずみができてしまう原因の1つに、皮脂の過剰分泌があげられます。空気中に漂うホコリや古い角質などが毛穴の詰まり、皮脂と混ざることで角栓ができあがります。この角栓が肌に長くとどまり続けていると、やがて酸化して黒ずんできます。

 

これをケアするには、肌の水分と皮脂量のバランスを整えることがポイントになってきます。肌の水分量がアップすれば、肌が柔らかくなり角質が取れやすくなります。さらに皮脂が正常になれば酸化を防げると同時に、肌のターンオーバーが向上して古い角質を剥がれやすくすることができます。

 

これらをケアするには、収れん化粧水がおすすめです。収れん化粧水は肌を引き締める効果があるので、毛穴の開きによる黒ずみを目立たなくする効果もあります。

 

さらに使い心地がサッパリとしているので、皮脂による肌のべたつきを抑えてくれるのもオイリー肌の人にはうれしい効果です。

 

収れん化粧水を使う場合は、いつものスキンケアの最後に使用するように心がけましょう。

 

 

 

イチゴ鼻のような毛穴の黒ずみには

顔にできる毛穴の黒ずみは、メイクをしてもプツプツと目立つことが多いのが悩みものです。特に鼻にできる毛穴の黒ずみはイチゴ鼻とも呼ばれ、人目につきやすいという特徴があります。

 

そのため、できることなら1日でも早くケアしたいものです。イチゴ鼻を改善させるためには、毎日のスキンケアを見直す必要があります。その中でも特に注目したいのが洗顔です。

 

顔を洗う時は洗顔料を良く泡立てて、泡で汚れを包み込むことを意識してみましょう。毛穴につまった汚れを取り除きたいあまり、ゴシゴシとこすってしまいがちですが、これでは肌を傷つけてしまいます。

 

そればかりか、指で汚れを毛穴の奥に押し込む可能性もあるので気を付けましょう。洗顔が終わったら、すぐに化粧水をつけるようにしましょう。この時、化粧水や美容液に含まれている美容成分に注目することも重要です。

 

ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンを摂取すれば、肌の水分量がアップして、肌を柔らかくすることができます。そのため、毛穴の黒ずみの原因である角栓が取れやすくなるので、イチゴ鼻対策におすすめです。

 

プラセンタやビタミンC誘導体を補うと、肌の新陳代謝がアップします。古い角質を取り除くことで、角栓ができにくくすることができるので、ぜひ活用してみましょう。

 

 

 

顔の毛穴の黒ずみには毎日のスキンケア

顔の毛穴の黒ずみはプツプツと目立つので、早く改善させたい肌トラブルです。顔の毛穴の黒ずみをケアしていくには、毎日のスキンケアを工夫するようにしてみましょう。

 

顔の毛穴が黒ずむ原因は、主に3つあると言われています。まず1つ目は角栓による黒ずみです。

 

これのタイプは指で肌を触るとボコボコとした出っ張りを感じることができるので、すぐに見分けることが可能です。毛穴に古い角質やクレンジングで落としきれなかったメイク、ホコリなどが溜まることで、黒く角栓となってしまいます。

 

角栓を取り除けば症状が落ち着いてくるので、それを意識してスキンケアをしてみましょう。洗顔料やクレンジングを工夫したり、ピーリングを行うのも有効です。

 

顔の毛穴をチェックして、しずくのような黒い形をしている場合は、肌のたるみが原因になってきます。肌のたるみは加齢によっておこりますが、保湿成分を活用することでカバーすることが可能です。

 

ヒアルロン酸は肌の弾力アップに効果的な成分なので、化粧水や美容液などで補うようにしてみましょう。メラニン色素が肌に沈着することで黒ずみが目立つ場合もあります。

 

このタイプのケア方法は、ビタミンC誘導体やアルブチン、トラネキサム酸などの美白成分が有効になってきます。

 

 

 

頬はどうしたらいい?

毛穴の黒ずみはどこにでも現れますが、頬の黒ずみは特に目立って嫌なものですね。この原因は、毛穴に詰まった皮脂や汚れが固まって酸化して黒くなってしまったものです。

 

毎日洗顔しているつもりでも、奥まで詰まってしまっている頑固な汚れは、普通に洗ったくらいではとれないのですね。特に頬は、加齢とともに下がってくるので、毛穴もそれとともに縦に広がってきてしまいます。

 

そうなると、汚れや皮脂もどんどん入り込んできますし、気づいた時にはビックリするくらい顔が黒ずんでいるということにもなりかねません。

 

毛穴の黒ずみを剥がすというシートパックもありますが、これを使うと無理やり引き抜くという形になるので、必要な角質なども取れてしまい、肌荒れを起こすという結果になることが多いです。

 

しかも、そのぽっかり空いた穴にはまたすぐ汚れが詰まってしまうので、また同じことになってしまいます。ですから、頬の黒ずみはスチームで汚れを浮かせ、丁寧な泡洗顔でじっくり落とすという長期戦でのぞむことをおすすめします。

 

スチーム美顔器があればいいのですが、なければホットタオルで代用できます。そして、週一回くらいのペースでスクラブ洗顔も併用すれば、目に見えてくすみがとれてくるのがわかるでしょう。

 

 

 

他サイトを掲載

毛穴の黒ずみに関する知識をこのページにはまとめました。黒ずみに対する知識を深めておくことで、いざ対策を行っていくときにスムーズですね。

 

もっとたくさんの知識を得たいなら、今から紹介するサイトを閲覧してみても良いかもしれません。